マイルドな効きがイイ!人気NO.1シアリス

持続力のシアリス

EDならバイアグラを飲めば大丈夫!と思っている男性は多いはず。
ところが世界でも日本でもシェアNO.1なのは、シアリスという第3のED治療薬です。

ゆっくり効き始めて作用が長く続くとあって、ED薬ビギナーやセックスの予定がつかみにくいデートでも使いやすいのが人気の理由。

そんなシアリスの特徴と、ジェネリック医薬品の種類についてご紹介します!

作用が36時間も続く?!

シアリスがもつ一番の特徴は、作用時間の長さ。
服用量によって異なりますが、最大36時間作用すると言われています。
金曜日の夜に飲んで日曜の朝まで楽しめる!ということから、ウィークエンドピルという異名をもつほど。

シアリス
シアリス

シアリスは自然な勃起作用が長く続くと、ED治療薬ビギナーからリピーターまで幅広い層に人気。

タダラフィル20mg配合で、最大作用時間は36時間。セックスのタイミングを図りづらいデートでも使いやすく、副作用が出にくいというメリットがあります。

有効成分・タダラフィルとは?

シアリスの有効成分はタダラフィル
性器への血流を促して勃起を助けるという点では、バイアグラやレビトラと同じです。

シアリスならではの性質として上げられるのは、体内への吸収がゆっくりなこと。
効果が出るまでにも時間がかかるため即効性が求められるシーンには不向きですが、セックスのタイミングが図りづらい日には使いやすいという面も。
服用タイミングはセックスの3時間前とされていますが、作用時間が圧倒的に長いのでデート前に飲んでおけばOK!

またじっくりと代謝されていくので、ほかのED治療薬と比べて食事の影響を受けにくいと評価されることがあります。

メーカーは800キロカロリーまでなら問題ナシとしていますが、意外と少ないので気をつけて。
チャーハンやオムライスなどのごはん系なら1食でおよそ800キロカロリー。
カツ丼や定食ならすぐに1,000キロカロリーをオーバーしてしまいます。

つまり軽食程度ならOKだけど、食事の量や内容には注意が必要ということ。
なるべくなら食事中~食後の服用は避けておくのが確実ですね。

副作用は控えめ

効きがゆっくりな分、副作用が現れにくいというメリットがあります。
長く作用するということは副作用も続くのでは・・?という心配はご無用。

バイアグラを服用して頭痛や顔のほてり、鼻づまりといった症状に悩まされていたという人は、シアリスなら快適にセックスを楽しめるかも。

ひとつ気をつけておきたいのが、胸やけや消化不良といった消化器系の症状が現れやすいという点。
気になるときには市販の胃腸薬も服用可能なので、体調の変化にうまく対応していきましょう。

シアリスのジェネリックを探すなら

シアリスは国際特許が継続中のため、ジェネリックを作ることは認められていません。

しかし長いあいだ特許という制度を導入していなかったインドだけは、すでにシアリス・ジェネリックの製造・販売をはじめています。

日本国内の医療機関やクリニックで処方されるシアリスは1錠1,800円と、バイアグラよりも高額・・。
リーズナブルなジェネリックの選択肢があるなら、そちらを選びたいですよね。

個人輸入の代行サイトで購入できるシアリスのジェネリック商品をピックアップしました。
ぜひ参考にしてみてください。

タダシップ

タダシップ

4錠入りで1,740円というコストパフォーマンスの高さで大人気!

処方のシアリスは10mgと20mgの2種類が展開されていますが、こちらは20mgのみ。
容量が多い場合はハサミやピルカッターで半分に割って、2回分として服用すればOKです。

シアスマ

シアスマ

スマート社製のジェネリック。
商品監修に日本人が参加しているので、インド製ながら日本語で書かれたパッケージや小ぶりな錠剤など、日本人に使いやすく作られているのが特徴です。

20mgの4錠入りで1,800円と、こちらも高コスパ!

ハイブリッド版・シルダリスト

シルダリスト

シアリスの持続性は魅力的だけど、スピードも欲しい・・そんな欲張りメンズの期待に応えてくれるのが、シアリスとバイアグラが合体したシルダリスト!

バイアグラの即効性と勃起力、シアリスの長い作用時間の両方を実現してくれます。
薬のパワーが強いため、持病や体質には十分な注意が必要。

Posted by RAION


PAGE TOP